斬新の一番の商品を楽天で探しましょう、人気商品の新着情報もあります

斬新品、レアもの、新作ショップ!

 

 

秋のオススメアイテムが少しずつ入荷してきています

 

少し起毛した、ウールのような表情を持つ

ストライプの生地は

コットン100%で着心地も柔らか

お手入れもラク

 

ぐっと秋らしさを感じるアイテムですが

今すぐ着れちゃいます

 

Gypsy&sonsは

こういう独特な素材を使用するので

いつも斬新で、ファッションを楽しくさせてくれます

 

 

Gypsy&sons 

Cotton  Stripe Deck Pants

Size 1/2

Color Brown

Price 19.800+TAX

 

 

Size 1 着用

 

大きめなポケットについつい手を入れたくなる

 

腰周りがゆったりしていて

裾にかけてテーパードが綺麗に効いているので

女性にもすごくオススメです

 

 

 

Gypsy&sons 

Cotton  Stripe Deck Pants

Size 1/2

Color Black

Price 19.800+TAX

 

 

Size 2 着用

 

そろそろブーツとか、履きたいので

今ならこんな感じで着るのが良いかと思います

 

独特なシルエットで、洒落たオールインワン

 

 

肌寒くなってくる頃には

ジャケット&ハットで

 

個人的には今年もベージュのハットを

かぶりたい

 

ベレーやキャスも良いですけどね

 

被り物は去年とあまり変わらない気がします

 

逆に着るものは、ちょっと新しいの欲しい気分

 

このストライプ、すごくオススメです

是非店頭にてご試着下さいバイバイ

 

 

 

 

 

ID: timesarechanginisesaki

 

 

 

ID:timesarechanginkeyaki

 

 

 

ID:timesarechangin

「TIMES ARE CHANGIN’」

Face bookページ同様、日々入荷情報、イベント情報など

更新していきますので

是非フォロー宜しくお願い致します  

 

 

 

タイムズLINE@

 

LINEの「友だち追加」のページから

QRコードで読み取っていただくか、

 

「times are changin」で検索してください。
 

イベント情報、セール情報など

お得な情報をお届けします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

斬新厳選ショッピング

◆8月16日上野夜

吉例夏夜噺  さん喬・権太楼特選集六日目

我太楼『新聞記事』/仙三郎社中/三三(交互)『道具屋』/一之輔『黄金の大黒』/市馬『厩火事』/ぺぺ桜井(最初に喋り乍ら、「アメリア姫の誓い」を弾くのはどうしてなのか、昔から不思議に思っている)/喬太郎『路地裏の伝説』/新治『狼講釈』//仲入//夢葉(交互)/権太楼『一人酒盛』/正楽/さん喬『雪の瀬川』

★さん喬師匠

出囃子は「岸の柳」。マクラ無し。吾妻橋の上で身投げしようとした鶴次郎を昔の奉公人・忠蔵が止める件から始まる。鶴次郎の回想で瀬川や花山・宇治五条との出会いといった、これまでの粗筋を紹介。忠蔵はかみさん・お勝とのいきさつを物語る。忠蔵・お勝は如何にも好人物。二人の住む長屋の大家も好人物で鶴次郎が居候するのを許してくれる。「半年で八百両も使っちまったのかい!」とお大家は鶴次郎の放蕩ぶりに驚く。併し、大家は「忠さんに何でも頼まれるのが嬉しいんだよ」と喜んでくれる。鶴次郎は以前より、ひ弱な感じが薄まったのが良い。忠蔵にうちに居候して、鮪の土手の件で鶴次郎は「本だけ読んだって世の中事は分からない」と泣いて反省するのは以前と同じ。しかし、忠蔵は鶴次郎が子供時代、「忠兄ィちゃん」と呼んでくれた事を恩義に感じて「若旦那、兄ちゃんの所にいるんですよ」と言ってくれる。鶴次郎に頼まれて、花魁・瀬川への手紙を幇間・宇治五条の所へ忠蔵は届ける。ここは少し簡略化されている。鶴次郎が無事な事を喜んだ五条が忠蔵に一杯やろうと勧め、「あたし一人で呑むわけには行かない」というのは〚一人酒盛〛の取り込みで可笑しい。手紙を瀬川の下に届けた新助の口から語られる「病み衰え乍らも、五光の差すように美しい瀬川の姿」が印象的。瀬川から届けられた「雨が降ったら若旦那の所へ参りんす」という内容の手紙を読んだ鶴次郎は「瀬川が来てくれるって、瀬川が来たら、それで御仕舞だよ」と言うので忠蔵は慌てて止めるが、鶴次郎は意に介さない。「雨が降ったら瀬川が来るよね」の科白を鶴次郎が何度も繰り返す件は一回だけで省略。直ぐに年が明けて、松の内、雪が降りだして江戸一面を覆いつくす。鶴次郎は忠蔵に「雨でも来るといったんだから、雪ならばきっと瀬川は来るよね。来るといっておくれよ」と言う。この辺りの「甘え」が若旦那らしい。長屋の中で忠蔵が写本をしている様子は、真に静謐な、「新派」の一場面のような情趣に満ちている事に変わりがない。鶴次郎が「今、何時?」と忠蔵に繰り返す件も簡略化。忠蔵が寝たふりをするので鶴次郎も二階で寝てしまう。駕籠屋がサクサクッと雪を踏んで忠蔵のうちを訪れる。忠蔵が戸を開けるとフワーッと雪が舞い込む美しさ、去ってゆく駕籠屋の後をフワーッと雪が追うように舞う美しさは忘れられない。忠蔵の長屋の土間に侍に身を窶した瀬川が現れる。瀬川は緋縮緬の長襦袢の上に合羽を羽織っている、という形容は初めて聞いたのではないtな?忠蔵が呼ぶより先に鶴次郎が二階から駆け下りて来て瀬川と抱き合う。抱き合う二人の姿の美しさに、掻巻を持ったままの忠蔵が立ち尽くす中、「雪は更に降り続けました」と語ると、地唄の「雪」が唄入りで下座から聞こえてくる。「やで春を迎える頃、二人は夫婦になる事が出来ました。昔々のお話でございます」と結ぶと、暫くの間、打ち出しの太皷は打たせず、良いんを持たせて客席からの白秋の中、幕が下りてから初めて太皷が鳴る。さん喬師匠ならではの美しい恋物語であり、「二人は夫婦になる事が出来ました」という科白を言った事がハッピーエンドらしい安心感がある。簡略化しながら45分で情趣を漂わせるのは流石である。

★権太楼師匠

酒癖の話で、志ん橋師匠には酔うと何にでも感心する酒癖が或るという話から本題へ。ベースは目白の小さん師匠型だが、権太楼師匠流にアレンジされている。留さん夫婦が御互いに語尾を伸ばし合う遣り取りをしている場面から始まる。留さんのかみさんは「熊さんの所へ行くのはよしな」と止めるが「来いと言うから」と、気が弱くて人に逆らえない留さんは出かけてしまう。「友達が上方から酒の源のような酒を五合持って来てくれたから一緒に呑もう」という熊さんの嬉しそうな笑顔がまず可笑しい。熊さんは「友達は良い酒は上燗で呑んでくれといってた」と言って、留さんに御燗の準備をさせて「楽しみだねえ」と只管勝手に浮かれている。「こういう調子の良い奴っているよな」という実感が可笑しい。やかんに二本ずつ燗徳利を入れて燗をつけるが、我慢が出来ずにまず熊さんは冷で一杯呑んで味わいに観劇した上、燗を付けている留さんに「待って、期待して!」等といった挙句、最初の燗酒も自分が呑んでしまい、「(冷とは)味が全然違う。(留さんはお燗の)名人だね」と褒めるが、既にこの辺りから熊さんは酔い始める。「下り酒・富士見酒」等の科白を熊さんが言う。一方留さんは酒をかみさんに止められると「お前と会う前から酒とは付き合ってんだから」と言うと、それに合わせて熊さんは自分のかみさんの愚痴を言ったりする。兎に角、熊さんは只管明るく、はしゃいでいる。熊さんは「うちの親父は(何か食べたりしながら呑む)花見酒、お前(熊さん)は(酒ばかりのむ)雲助酒と言ってた」と話したりしながら呑み続ける。漸く、熊さんは留さんに茶碗を渡して「お前もやんなよ」と勧めるが、留さんが呑もうとすると「糠味噌から古漬けを出して、刻んで皿に盛ってくれ」と仕事をさせて酒を呑ませない。「糠味噌(の上)をペタペタしてね」という熊さんの科白は可笑しい。そのうち、熊さんは留さんに「自分だけ呑んじゃ駄目だよ。替りばんこに呑めばいいよ」と勝手な事を言うが、無茶苦茶に明るいので憎めないのが権太楼師匠らしい特徴。熊さんに「唄でも唄ってよ」と言われた留さんが「酒も呑まずに唄えるか、俺は市馬じゃねえ」とボヤくのは大笑い。そこで熊さんが「木遣りくずし」を唄い出すが、唄に気が行って酔いが醒めて見えるのは残念。熊さん煮え燗になってしまった最後の一合も「意地でもみんな呑んでやる。実母散じゃねえんだ」と言って遂に呑み切ってしまう。頭にきた留さんが自分の切った「古漬け」を食って「美味しい」と思わず言ってしまうのは、気の弱いイ、人に逆らえないキャラクターが出て凄く可笑しい。留さんが怒って帰った後、熊さんのかみさんが帰ってきて「どうしたの?」と問うと、熊さんが「彼奴は酒癖が悪いんだ」というオチになるのは普通。可笑しいのは十分可笑しいけれど、強いて言うと「少し熊さんが五月蠅過ぎる」のが玉に瑕かな。

★新治師匠

頭髪が引き潮の時期に入ったという話から、養毛剤に延べで40万円使った話、大阪の化粧品屋のオバチャンに半ば騙されて、育毛ブラシを何度も買う羽目になった結果、髪が生えずに育毛剤を塗る小筆の毛が抜けたというマクラから本題へ。割と良く新治師匠が演じられる話なので詳細はカット。旅で御難にあった男が「旅の講釈師」と偽って、村の庄屋のうちに泊めて貰い、湯に入ると「旅の疲れが湯に溶ける」という科白になるのは新治師匠らしい味わい。講釈が出来ないからと、庄屋のうちからソッと逃げ出した男は山中で狼の群れに囲まれてしまうが、この狼が人間の言葉を喋るのを「今日日、総理大臣の嫁さんかて口利くのに狼かて口利くわい!」と狼が自ら称するのは可笑しい。「講釈が出来ないと食ってしまうぞ」と狼に言われた男は出鱈目な五目講釈を始めるが、その中に「成るんじゃなかった防衛大臣」の一言が入ったりするのも可笑しい。五目講釈自体は談志家元のような迫力に乏しいけれど、軽い旅ネタとして十分に面白い。

★喬太郎師匠

「熱中症が懐かしいくらい涼しい気候」とマクラを振って本題へ。父親の三回忌に小学校の同級生が集まって発泡酒を呑む際、「献乾杯」「バイバイキンみたいだね」というのが可笑しい。酒を酌み交わす中、「都市伝説が色々あった」と語り合う展開になるけれど「ヒパゴン」「ツチノコ」「なんちゃってオジサン」「ラッキー小父さん(先代文治師匠のこと)「口裂け女」と上げて行く。「昔は風邪でもないのにマスクをしているのは赤軍派くらい」という科白は可笑しい。「口裂け女はポマードで逃げる」という伝説は以前あったかな?「鳩サブレは頭から食べると鳩になってしまう」は以前から言っていた。「風邪引くなオジサン」という伝説が近所にあり、同級生の一人が実際に遭遇して、それがトラウマになってコーラが呑めないという話から「風邪引くなオジサン」が主人公の父親だった事が父親の残した日記帳から分かる展開だが、父親の書き残した「幸い、私はチンチクリン」は何度聞いても私は可笑しい。最後は一寸だけホラーっぽくなるけれど、前半は新作版ワイワイガヤガヤの愉しさがあり、気楽に楽しめるのは変わらない。

★市馬師匠

マクラ殆ど無し。旦那に亭主の愚痴を言いに来たお崎さんが言う「今は直ぐおいそれと別れたくないんですよ」の科白は初耳かな。旦那がお崎さんにする話が本当に説教臭いのは難点。瀬戸物マニアの「麹町のさる旦那」は皿一つだけでなく、自慢の品をズラッと脚の前に並べる設定。また、さる旦那の内儀は皿を箱に納めてから運ぼうとして階段を落ちる設定になっている。旦那がお崎さんに「望みが出て来たろう」という科白は大らかで楽しいが、この噺にしては全
が些か陰気なのは気になる。

★一之輔師匠

「釈台に凭れ掛かるのが楽になってきた」と言って、「笑う権利を行使しないのは(客として)愚の骨頂」等といってから本題へ。小金の大黒が掘り出された祝に大家さんが長屋のみんなにご馳走をしてくれる、と聞いた所で嬉しさに泣き出す奴がいるのは普通だけれど、「おまんまは出ますか?」と訊かれた長屋仲間が「おかずだけってのはないだろう」と答えるのは可笑しい。「羽織でも着て来てほしい」と大家の番頭に言われたので、長屋連中が羽織が分からずに揉めるのは普通。中の一人が用意する羽織が寄せ集めの合作で紋は「鬼蔦(古今亭)」「三階松(立川)」「花菱(根岸の林家)」という設定なのは誰が始めたんだろう。その羽織の「裏が畳表」と聞いた一人が「斬新」と感心するが、羽織の紐は「裂きイカ」と段々、一之輔師匠の世界に入ってくるのが可笑しい。最初に大家のうちへ挨拶に行く男が「畳表が背中に刺さって痛い」が可笑しく、鉄火で流暢な挨拶を聞いた仲間が「(感謝の)気持ちが何も感じられない」と批評する辺りのシニカルさは完全に一之輔試使用の世界。無理矢理、次に挨拶に行かされた金さんが「今日」を連発すると大家が「婆さん、薪ざっぽう持って来い」、金さんが「トウトウトウ」と言うと大家が「受話器上がってないか?」、金の訳の分からない喋りに、大家が終いには「猟銃持って来い!」「十字架と大蒜!」と叫ぶのは一之輔師匠の工夫ではないと思うが、叫び方が可笑しい。金さんの「承り」を聞いて大家が「もう直ぐだ」と言うのも可笑しいが、金さんが更に脱線して「アベベの走った夏」「金将軍様」「胸毛がモアモアして男の匂いが」と混乱した挙句、「この長屋には羽織が一枚しかなくて、みんなが変わりばんこに着てくる」と内情をバラしてしまう。結果的に長屋連中は大家のうちに上がれるが「こんちわ」「こんちわ」と言ってるうちに「淡谷のり子」と言う奴が出て来たりするのもインパクトの強い可笑しさである。最後、大家の倅が悪戯をするので殴ってやったという長屋の男に大家が「拳固でか?」と聞くと男が「膝がしら」と答えて「〚黄金の大黒〛という馬鹿馬鹿しいお笑い」とサゲた。「したい放題」という部分と「普通の〚黄金の大黒〛」が混じり合った一席だが〚新聞記事〛〚代書屋〛ほど可笑しくはなかった。

★三三師匠

身分制度の話から「共倒れ兄弟」というマクラになり本題に入る。与太郎が伯父さんの前で「ハッハッハッハッハッ」と笑い続けるのが無気味に可笑しい。露店の道具屋を始めた与太郎が客の言っている事が理解出来ず、「春節で日本に来た。爆買いだな」と言ったりするのが可笑しく、「あいだみつをの偽物の軸、下手だっていいじゃないか正蔵だもの」という、良く使っているギャグでサゲ。

★我太楼師匠

インターネットの話がマクラ。口調は権太楼師匠なんだけれど、テンションが違うので可笑しく聞こえない。隠居に「町内一の馬鹿なんだから新聞くい読め。(週刊)文春も読め」と言われた八五郎が「竹さんか泥棒に殺された」というホラを受け売りで話に出掛ける。普通ね「竹さんは二階で寝ている」設定だが「一階段の奥で寝ていると」という設定。八五郎の話が混乱して「お前は中国雑技団か?!」と友達に馬鹿にされたりする。「鯛」を思い出す件はカット。「心臓」を思い出す件は都知事の名前を遡って言った後、「総理大臣は?」「晋三」となる。ギャグはされなりに入れえているのだけれど、前記した通り、どうもテンションが高まらない。

※この芝居、見慣れないモギリさんがいるけれど、いつものモギリさんはお盆休みか?

※昼の会場前から並ぶと寄席の裏側進行が分かって見飽きない。

※前座さんが太鼓を叩くのに、モギリの上に登るために使う梯子は『不動坊』の梯子より急で、若くなくちゃ登れないね。海舟師匠なんかどうしたんだろう?

※お盆休みで平日昼は当日の座席券がかなりあるみたい。半面、お昼の当日券並びは多く、開場も予定より早まった。雨のせいもあるか?

※男女不問で「若い初心者客」が増えたのも実感するね。

 

[広告] 楽天市場
  • AMERICANNEEDLE アメリカンニードル U.S直輸入 半袖Tシャツ 半袖Tシャツ LA DODGERS SINATRA TEE MLB公認 公式 スポーツ キャップ ネイティブ オシャレ 斬新 個性的 人気 Tシャツ U.S直輸入 メンズ ファッション あす楽 アメカジ ストリート ルード スケート スーパー割
  • AMERICANNEEDLE アメリカンニードル U.S直輸入 半袖Tシャツ NY YANKEES VINTAGE CREW MLB公認 公式 スポーツ キャップ アメリカ NEWERA NESS ネイティブ オシャレ 斬新 個性的 人気 Tシャツ U.S直輸入 メンズ ファッション あす楽 アメカジ ストリート ルード スケート
  • 真紅の輝きガーネットシルバーペンダントトップ/炎のような斬新イメージ/ずっしりとした存在感
  • 8/12 22時から 残りわずか**斬新、重なる。ワイドパンツと柄プリーツ。パンツ4/4新作
  • ワールドイーグル 斬新デザインのマレットパター!井戸木プロ推薦!ワールドイーグル F-01α メンズ パター 左用【ポイント2倍】【最安値に挑戦】【あす楽】
  • AMERICANNEEDLE アメリカンニードル U.S直輸入 Tシャツ DODGERS SLIDER HENLEY RAGLAN GREY MLB公認 公式 スポーツ キャップ アメリカ ネイティブ オシャレ 斬新 個性的 人気 Tシャツ U.S直輸入 メンズ ファッション あす楽 アメカジ ストリート ルード スケート スーパー割

SNSでもご購読できます。